不思議な体育祭『お釈迦様もみてる 自分応援団』

今野緒雪さんのライトノベル『お釈迦様もみてる 自分応援団』。2010年4月10日に初版が発行されました。『「らしい」「らしくない」』『小さな角のような物』『サボタージュ』『二人の話』『びゅん、びゅん、びゅん』『太鼓のエール』で構成されています。
花寺学院高等部1年の祐麒。入学後初めての体育祭ということで張り切っていたが、何か様子が祐麒の想像する体育祭と違うことに気がつく。生徒会室で雑談をしている中で体育祭の話が出たとき、2年生のアンドレ先輩が1年生の出る競技を聞いて「らしい」「らしくない」と口にした。
また、競技によって練習もしない冷めたものもあれば、熱心に練習をしている熱い競技もあった。祐麒が参加する競技は合同練習もなく、また烏帽子親である柏木優と同じ種目だった。柏木を尊敬するアンドレだが、体育祭の出場種目については、柏木も祐麒も「らしい」という。体育祭の本番でも、クラス対抗というが応援合戦もなかった。

不思議な体育祭『お釈迦様もみてる 自分応援団』