日本で開催された2002年ワールドカップにまつわる私的雑文

いよいよ今晩、日本代表が1時リーグ初戦、コロンビアと戦うことになっています。もうここまできたらあのアイスランドやメキシコのように全力で戦ってほしいと思います。そんなわけで、2002年、日本でワールドカップが開催されたことは、今となっては奇跡というしかありません。あの頃僕は若かったです 笑 どうしても会場で試合が見たくて、色々ネットを探してみると、イタリアVSクロアチアのカシマスタジアムでの試合を販売している怪しい旅行代理店があって、もーどーでもいいから、高くても見に行く!と宣言しチケット4枚手に入れて友達と行くことができました。確か一人5万ぐらいだったような気がします。でも、これが最高の試合だったのです。まずワールドカップという雰囲気が凄い。とにかく天候も良かったのですが、空気が世界基準になって違って感じます。(まーなんというかハワイ的な空気です)イタリア・クロアチアのサポーターもたくさん来ていて、ここは本当に鹿島なのか?と信じられないような高揚感を味わいました。ツアーバスの中では、イタリアの応援歌の練習をしたり、席はゴール裏の前から5列目!目の前で、イタリア代表がウォーミングアップ!トッティめちゃかっこ良かったです。試合も応援していたイタリアは負けちゃいましたが、クロアチアと素晴らしい試合でした。というわけで、ぜひ生きているうちにもう1回ワールドカップを生で目の前で味わいたいとその時、強く決意したのです。今回もTVに映るサポーターを見ると本当に幸せそうなんですよ。ミュゼプラチナム 初めて

日本で開催された2002年ワールドカップにまつわる私的雑文