特定公正証書というのがありますからこれは

特定公正証書があるのですがこれは債務者が貸付の契約に基づく債務について履行しなかったときに直ちに強制執行に服するというものを書かれた公正証書なのですが、これはなかなか難しいことになっています。貸金業を営む者は貸付契約について、債務者から特定公正証書の作成を公証人に嘱託することを代理人に委託することを証する書面を取得することはやってはいけない、ということになります。このあたりがやや難しいことではあるのですが委託をする、ということを貸金業者が強制させてしまう可能性がある、ということがありますから、それはよろしくない、ということになりますから、禁止をしているわけです。公正役場というものは割と使ったりすることがありますのでどんな効果があり、どんな作業をしているのかというのは知っておく価値があると言えるでしょう。こうした書類の価値、その法的な効力というのはしっかりと理解しておくべきであるといえます。https://www.alumni-uum.org/entry8.html

特定公正証書というのがありますからこれは